最近勉強しなおしているマーケティングから、主な消費者の購買決定プロセスのメモ。


AMTUL(アムツール)の法則

Aware (認知)
Memory (記憶)
Trial (試用)
Usage (本格的使用)
Loyalty (ブランド固定)


AIDMA(アイドマ)の法則

Attention (注意)
Interest (関心)
Desire (欲求)
Memory (記憶)
Action (行動、購入)


AISAS(アイサス)の法則

Attention (注意)
Interest (関心)
Search (検索)
Action (行動、購入)
Share (共有、評価をネット等で共有しあう)


AIDMAは主に短期的な購買行動、AMTULは長期的な(心理の移り変わりによる)購買プロセス。
AISASは電通が提唱したネットにおける購買プロセスです。

商品やサービスの購買モデルとしてはAIDMAやAISASが当てはまりますが、店舗ビジネスやニッチ商品に関してはAMTULを意識を意識したビジネス展開が重要な気がします。


銀の弾はないので、実際にはそれぞれを意識した対策が必要になってくるのですが。
 
PAK85_deskshiryou20131223_TP_V

ブログネタ
経営よもやま話 に参加中!
ブックオフオンライン