門前の小僧の経営学

中小企業経営者・個人事業主の経営学。経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめています。

    経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめているブログです。
    ランチェスターやドラッカーが中心になると思いますが、特にこだわりはありません。

    カテゴリ:経営学雑義 > 概論・全般

    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!
    第一の環境についての前提は、組織が何によって対価を得るのかを明らかにする (P.F.ドラッカー/チェンジ・リーダーの条件)
    事業の定義は三つの要素からなる。
    第一は、組織をとりまく環境である。
    (中略)
    第二は、組織の使命すなわち目的である。
    (中略)
    第三は、そのような使命を達成するために必要な強みついての前提である。
    自らの事業が何によって対価を得るのかとは、外部の環境に対してどの様な影響(変化)を与えることが出来るのか、と言うことだと思います。

    提供する商品・サービスによって世の中がどうなるのか?と言うことですね。

    単に世の中に求められているものを提供すると言うのも重要ですが、それを提供することによって社会にどのような影響を与え、変革を促すのか。
    そう言ったところまで考えることが出来れば、ドラッカーの言う「変化の先頭に立つ」ことが出来るのではないと、私は思います。

    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!
    理念が無くても商売は出来ます。でも理念がないと人はついてきません。

    独りでも稼ごうと思えば出来なくはありません。
    でも社会貢献は仲間がいないとなかなか形になりません。

    だからビジネスには(経営)理念が必要です。

    理念は目標ではなく価値観です。最終的にどうなりたいのかという『理想」だからだです。
    その理想が大儀であるか個人的であるかは別にして。

    なので、最初は個人的な志とか想いとかでも良いんです。
    ビジネスの成長とともに自分も志も成長していけば良いんですから。

    まずは旗を立てることが重要。 

    私はそう思います。

    1311421001_4693d13775_b

    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!
    組織は存続することが目的ではない。 (中略) 組織は社会の機関である。外の環境に対する貢献が目的である。 (経営者の条件/P.F.ドラッカー)

    10年で9割以上の会社がなくなる現実を考えれば、会社が存続すること自体も素晴らしいことだと言えます。

    しかし、あくまでそれは、社会に貢献するためには長く存続することが重要な要因の1つであるということであり、貢献の結果として存続しているのでなければ意味がありません。
    存続するというのは、必要条件だけど十分条件ではないのです。 

    同じくドラッカーの「成果は外にしかない」と言う言葉も大好きなのですが、会社が存続できるかどうかは、外部(顧客)からの評価以外にはあり得ません。

    つまり、会社を長く続けるためには、いかにその事業を通じて社会に貢献していくかが大事なのです。

    そして、それをどうやって従業員に落とし込んでいくか、どうやって組織を構成するスタッフが同じ理念を共有していくかが、経営者や幹部の仕事ではないかと思うのです。


    ドラッカー名著集1 経営者の条件
    P.F.ドラッカー
    ダイヤモンド社
    2006-11-10


    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!
    企業にとっての第一の責任は、存続することである。 (P.F.ドラッカー/現代の経営)

    以前、facebookで話題になっていた投稿記事に(国税庁の2005年のデータ)によると、5年で85%、10年で94%の法人が消えていくそうです。
    法人成りしてない個人事業の起業廃業を含めると、実際の数字はもっと厳しそうですね。

    ドラッカーは「企業にとっての第一の責任は、存続することである。」と言っています。

    企業の目的が外(社会)への貢献であることを考えれば、1次的な販売はもとより、アフターを含めて組織あるいは事業を存続させるというのはやはり第一の責任だと言えます。
    つまり、「継続は力なり」は個人だけでなく組織(法人)においても同じく重要なのだと言うことですね。


    ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
    P.F.ドラッカー
    ダイヤモンド社
    2006-11-10

     

    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!
    ランチェスター経営の大家である竹田陽一先生による経営の8大戦略。
    その名の通り8つのカテゴリがあります。
    1. 商品戦略
    2. 地域戦略
    3. 客層戦略
    4. 営業戦略
    5. 顧客戦略
    6. 組織戦略
    7. 財務戦略
    8. 時間戦略
    商品戦略

    どのような商品(サービス)で勝負するのか?他社の製品(サービス)との違いは何か?

    地域戦略

    どこで売るのか?全国か地方か。都市部か郊外か。

    客層戦略

    絞り込み戦略。ターゲットは誰か?女性か男性か。高齢者か若年者か。富裕層か低所得者層か。

    営業戦略

    どのような方法で売るか?価格、流通、広告、宣伝、販促、etc..

    顧客戦略

    顧客維持戦略。リピート客化する。ファンになってもらう。

    組織戦略

    組織デザインや組織運営。規模は?雇用は?給与は?採用は?人事は?

    財務戦略

    資金管理、資金繰り、資金調達、税務対策。

    時間戦略

    どのぐらい時間を掛けるのか?
    ランチェスターでは効果を二乗で表すので、他人の2倍働くならルート2で1.4倍、普通の人が8時間働くなら11.2時間働けば2倍の成果になるみたいな話。
    個人的にはいつ(どのタイミング)やるか、いつまでにやるか?と言ったタイムマネジメントも含めたいところ。


    最初にランチェスターの8大戦略を聞いたのは10年ぐらい前に参加した栢野克己先生のセミナーででしたが、それ以外の経営セミナーや勉強会でも耳にすることが多いです。
    幅広く捉えどころの難しい『経営』を考える切り口の1つとして役立ちます。
     


     

    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!
    以前参加した栢野克己先生のセミナーで言われていたモノ(の意訳)です。

    成功するのに必要なのは大きく3つ、
    • 夢・目標(計画)
    • 戦略・戦術
    • 人間力(運・縁)

    夢や目標が無ければ方向が定まらずモチベーションも上がらない。

    戦略や戦術が無ければ成果が出せない。

    そして人間力が無ければ周りが付いてこない。

    みたいな感じのことを言われていました。

    まあ、この3つのカテゴリにそれぞれ色んな方法論やテクニック、思想があるワケですが。。。
    でもこれ、経営だけでなく人生についても同じではないかと思います。


     

    ビジネスを目的とする場合、どの規模の会社を目指すかはそのまま夢や目標とも連動しますので、イメージを明確にしておくことが重要です。

    マイケル・E・ガーバーのアドバイスにも「起業前に組織図を作る」と言うのがあります。
    どのような会社を作りたいのかを事前にイメージしておくことでプランを実現しやすくなるのです。

    どの規模が良い悪いではなく、自分が「どうなりたいか」「どこまで行きたいのか」を明確にすることが大切です。


    以下は、あたりまえだけどなかなかできない社長のルール(アスカビジネス)で出てくる会社の類型にインスピレーションを得て私なりの再定義をしたものです。
    参考までに。

    • 個人会社
      「儲からなくても良いから好きなことをやりたい」人の会社。いわゆる個人事業。
      基本的に自分ひとりの会社。(もしくはパートさん1~2名程度)
    • 家族会社
      従業員が家族のみの場合はもちろん、気心の知れたメンバー・人数で事業を営む規模の会社。大晦日に会社が残っていることが大事。
      いわゆる家族的経営が通じる規模の会社。業種や業態にも拠るが大体10名未満の会社。
    • 事業会社
      中間管理職が存在する(社長以外の従業員に権限が移譲/委譲することによって運営されている)会社。利益を出すことが重要視されだす規模の会社。
      従業員が10名程度になったあたりから徐々にこの体制に移行していくことが多い。
    • 企業会社
      国や地域、環境など社会に積極的にコミットしていく責任や意思を持った会社。
      上場している企業はもちろん、未上場でも事業活動が社会に与える影響が少なくない規模の会社。(地元では大抵の人が名前を知っているような規模の会社。)

    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!
    以前にも別ブログで紹介した言葉ですが、サービスと言う目に見えないモノを提供するお仕事ではとても重要な指針だと思います。

    顧客と言うのは、我々が直接サポートにお伺いするお客様に限りません。

    会社とお客様(エンドユーザ)
    会社と取引先(元請・中請)
    会社と従業員(従業員から見た会社もそうかもしれません)
    etc..

    Win-Winの関係が大事だとよく言われます。
    言葉自体は古くからありますが、今後ますます重要になっていく言葉だと思います。

    最近は「お互いの妥協点を見つける」みたいな間違った使い方がされることが増えていますが、、、それはさておき、本来の意味でのWin-Win の関係を作るためには、お互いの信頼を構築することが重要になります。

    実際のビジネスを進める上では時には譲歩したりと言うことも重要ですが、さじ加減の問題であって毎回毎度、譲歩したり言いなりになったりと言うのはWin-Winの関係ではありません。
    (第7の習慣ではこれをWin-LoseまたはLose-Winの関係と言います)

    お客様や取引先の言いなりになる関係では、便利使いはされても信頼はされないからです。
    短期的に仕事が増えても、労多くして功少なし、長期的には必ず歪みがでて破綻することになります。

    また、サポートと言うお仕事の場合「お客様のために」と思っても、提供できるサービスには必ず限りがあります。
    『技術的に出来る事』と『仕事として提供出来る事』というのは別物なのです。

    お客様と直取引で個人で全責任を負ってする仕事であれば、自分の技術力の及ぶ限りのサービスを提供しても構いませんが、実際には個人営業であってもなかなかそういうワケには行きません。

    お店のサービスメニューや会社の営業方針、関連する法律、各自のスキルやノルマ、他のお客様とのバランス等、様々なルールや制約に沿って仕事をしなければならない以上、どこかで線を引かなければなりません。

    そんな時に、私だけでなく従業員たちにも「顧客が51%、会社が49%」と言う言葉を指針にして欲しいと思ってます。

    サービスと言う目に見えない商品を扱う以上、完全な50%50%と言うのは難しいですし、何より堅苦しすぎます。
    しかし、これが60%40%や80%20%では信頼を得られるサービスにはなりません。
    もちろん、会社が60%で顧客が40%なんてパターンも当然ありません。

    顧客の1%は、
    「ビジネスを進める上での潤滑油としての1%」
    「お客様満足度を向上させるための1%」
    であって欲しいと思います。

    ちなみに、「顧客が51%、会社が49%」は『SEを極める50の鉄則 馬場 史郎 (著)』の中の言葉です。

    SEを極める50の鉄則
    馬場 史郎
    日経BP社
    2000-04-14

     

    私がまだ経営者になりたての頃、とある経営セミナーで、講師の先生が『小規模零細事業者向けの経営計画を紹介した本やセミナーは非常に少ない』と言われていたので、セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめていく予定のサイトです。
    【小規模事業・個人事業主にこそ経営戦略を】の続きを読む

    このページのトップヘ