門前の小僧の経営学

中小企業経営者・個人事業主の経営学。経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめています。

    経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめているブログです。
    ランチェスターやドラッカーが中心になると思いますが、特にこだわりはありません。

    カテゴリ:経営学雑義 > 会計・財務

    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!
    短期の利益を捻出するために支出を削減することは、将来のキャッシュフローを放棄することにほかならない。 (ドラッカーと会計の話をしよう/林總)

    端的に言うと『その支出は消費なのか投資なのか』と言うことです。

    銀行や税理士さんが大好きなコストカット。その「コスト」は本当に削減しても大丈夫なコストですか?

    消費も投資も帳簿上では同じ「経費」です。

    「消費」を削減しているつもりで「投資」を削減してしまうと、短期的には(経費が減って)利益が改善したように見えることがありますが、中長期的には売り上げが減少してしまい本末転倒してしまいます。
    数字だけで物事を考える人たちは、得てしてそこに気付かない人が多いのです。 

    例えば商品仕入れ、同じ品質同じ数量の商品を5%安く仕入れることには意味があります。
    しかし、品質を落としたり数を減らして5%減らしたとしたらどうでしょう?見かけ上は同じ5%のコストカットです。
    そんな馬鹿なことしないよ。
    と思うかもしれませんが、意外とやってしまっている経営者が多いのが実情です。どうしても目先の利益に迷ってしまうんですよね。

    その支出は消費(安いほうが良い経費)なのか投資(売り上げを生み出す経費)なのか、意識していますか?

    もちろん、経営者としては単に消費か投資かではなく、経費を経費で終わらせないお金の使い方を意識することも大事なのですが。

    ブログネタ
    経営よもやま話 に参加中!

    個人も、会社も、お金は目指す目標を実現するために使わなくてはならない 。(ドラッカーと会計の話をしよう/林總)

    ご利用は計画的に。
    ではないですが、消費と投資を間違えてはいけません。

    特に中小零細企業では。

    キツイ言い方をすれば、借金だらけなのに会社のお金で営業車と称してベンツを買ったりしていませんか?
    と言うこと。

    売り上げを上げるために使うお金が投資であって、社長の趣味に使うお金は得てして消費で終わってしまうことが多いのです。
    私も、さすがにベンツを買ったりはしませんでしたが、過去を振り返れば多少は心当たりがあります。

    注意しましょう。



     

    このページのトップヘ