門前の小僧の経営学

中小企業経営者・個人事業主の経営学。経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめています。

    経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめているブログです。
    ランチェスターやドラッカーが中心になると思いますが、特にこだわりはありません。

    カテゴリ:読書メモ > 採用・教育・人事

    人事考課についてざっくりとイメージを掴むには良い本。

    人事部に配属された新人や、初めて部下の人事評価を行う新人管理職が読んでおくにはお勧め。

    ただ、当然この本だけで人事考課が出来るわけではない。



     

    よくある就業規則の例とその改善例、ポイントがわかりやすく書かれています。

    なので、これから就業規則を作るという人には少し使い勝手が悪いかもしれません。
    すでに1度就業規則を作ったことのある小規模事業者の方や、年数が経ってそろそろ見直したいと思っている中小企業の経営者や人事担当者がチェックリスト代わりに使うのにはお勧めです。

     

     

    教科書と銘打ってるだけあってよくまとまっている。

    人事部員だけでなく、実際に部下の評価を行う管理職なども読んでおく価値はあります。

    ただ、良くも悪くも「教科書」なので概念的な話が多く、読んでるとだんだん眠くなります。

    研修とか勉強会のテキストには良いかも。



     

    良くも悪くも教科書。

    人事部に配属された新人やこれからちゃんとした給与体系を作り上げようと考えている経営者なら読んでおいた方が良い基礎知識的な内容。

    読んでおいて損はないがそのまま自社に使えるノウハウと言うわけではないので期待のし過ぎは禁物。



     

    小さな会社が人事評価制度を導入しようと思ったときに読むと良い本。

    一番のポイントは「人事評価と給与制度を連動させる必要は無く、評価すると言うただそれだけでも制度導入の効果がある。」と言う点。
    目から鱗の発想です。 

    この本だけだと制度設計や運用面で知識不足の点が出てくるが、読んでおいて損は無い一冊。



     

    そのまま使える書式が豊富に掲載されており便利。
    各書式のポイントの解説もあり、自分でオリジナルの書式を作ったりカスタマイズする際にも参考になります。

    辞書的に1冊手元にあっても良い感じの本です。


     

    就業規則の項目ごとにポイントが解説してあり判りやすい。

    これから就業規則を作る、または自社の就業規則を見直したいと言うときには役に立つ。

    付録CD-ROMで雛形が提供されているのも便利。

    ただし、雛形をまるまるコピーするのではなく、書かれている内容を理解して自社なりにアレンジする必要はあります。

    強い会社になるための就業規則&職場ルールブック
    有限会社人事・労務
    シーアンドアール研究所
    2009-11-13

     

    長年試行錯誤しながらたどり着いた内容が結構ありました。
    最初に読んでいれば苦労せずに済んだと思うべきか、独学でたどり着いた方法が正しかったと喜ぶべきか少し悩みます。
    採用担当者やこれから採用を考えている経営者の方は読んで置いて損はありません。


     

    言っていることはいたって『普通』のことだが、切り口が斬新で読みやすく、実はその『普通』のことが出来ていないことに気付かされる。

    「6割の社員が1時間後に社長の話を忘れる」
    「社員に声をかけよう」
    など、トップに限らず部下を持つ立場になったらぜひ一読することをお勧めしたい一冊。
     

     

    要約すると「新卒を採用しよう」と「能力よりも価値観が(社長と)一致するかを重視しよう」の2点。

    「やめない採用」と言う意味ではその通りだと思うが「即戦力」となると???

    読みやすい文章に加え事例やテクニックなども適度に交えてるのでさらっと読めてしまうが、企業規模や採用基準などの問題もあるので書いてある内容をそのまま鵜呑みには出来ない。

    言ってしまえば新卒採用して教育に力を入れれば伸びるのは当たり前。
    新卒採用する余力すら無い零細小規模企業はどうしたものかとじっと吾が手を見る読後感。

    社員数50人以上の規模の会社を経営していればもっと違った感想なのかもしれない。


     

    このページのトップヘ