門前の小僧の経営学

中小企業経営者・個人事業主の経営学。経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめています。

    経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめているブログです。
    ランチェスターやドラッカーが中心になると思いますが、特にこだわりはありません。

    カテゴリ:読書メモ > マネジメント

    冒頭で「群盲象をなでる」の故事を持ってくるあたり、さすが!
    と思ってしまわずにはいられない。

    内容も良く、ぐいぐい読み進めてしまう。
    ただ、著者の経歴から仕方ないのかもしれないが、経営と現場業務が分離できてない小規模事業者が読むと遠い世界の話に聞こえてしまうのが惜しいところ。

    中堅規模以上の会社の経営者、あるいはその規模を目指す経営者であれば読んでおいて損はない。
    と言うか読まないと損な一冊。

    経営者には個人的にイチオシしたい一冊。


     

    もしドラ(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)の続編が登場。

    前作よりもより小説度が増しています。
    それでいてドラッカーの引用は増えており、ライトノベルを読みながらドラッカーが学べるお得な一冊。引用されるドラッカーの一節すら伏線になっています。
    前作もしドラを読まなくても楽しめますが、前作の数年後と言う設定で前作の登場人物もストーリーに絡んでくるので、もしドラを読んでいるとなお楽しめます。

    選手が1人もいないのにマネージャーばかりがたくさん集まった野球部が甲子園を目指すと言う、前作以上にぶっ飛んだ設定からはじまり、中盤から終盤に向けてはフィクション(小説)ならではのご都合主義が爆走しながらテンポよく話が進んでいくので、ラストまで読んでいて飽きません。

    今回気になったキーワードは居場所と民営化。
    もしドラでは「真摯さ」がテーマでしたが、今回は「居場所」がテーマなのかな?

    ドラッカーの言う「社会的な位置と役割」=「居場所」を作るためにイノベーションが必要、みたいな。
    イノベーションと聞くと難しく考えがちですが、もしイノを読むとイノベーションが身近に、そしてとても重要なものだと認識させられます。

    ドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読み直したくなった1冊でした。
    文句なくお勧め。

    アマゾンのお勧めで適当に購入した一冊。
    読み終わってから気が付いたが、2004年の著作。
     
    「IT」をおそれず「マネジメント」を意識すればよいと言う意味では内容の大半は今読んでも十分通用するが、さすがにITに関する部分に関してはやはり内容が古い。

    ユビジキタス社会(なんて呼び方は最近しなくなりましたけど)、クラウドサービスとスマホの普及で事実上実現しちゃってますもんね。


    誰も語らなかったIT 9つの秘密
    山本 修一郎
    ダイヤモンド社
    2004-08-20

     

    読みやすく内容も判りやすい。

    結果を出したいと考えているなら読んで置いて損の無い一冊。

    ただ、あくまで目標設定の鉄則であって実現するにはさらなる努力や戦略が必要かも。

     

     

    ザ・ゴールの様な小説仕立てで読みやすく、ザ・ゴールほど分厚くないのでエアロバイク漕ぎながらでも40分ほどで読み終えました。

    本書で「オンタイムマネージャー」と表される『出来るマネージャー』は3つの原則を理解し実行しているマネージャーのこと。
    3つの原則とは「優先順位」「妥当性」「コミットメント」。

    個々の詳しい解説は本書を読んでもらうとして、優先順位も妥当性も経営思想や自己啓発をかじった事がある人なら1度ならず聞いたことがあるものばかりですが、「知っていることと理解していることは違う。理解していることと出来ることは違う。」と言うことがよくわかります。

    「自己管理」とある通り、マネージャはもちろん、誰が読んでも損の無い1冊です。


    1分間自己管理
    ケン・ブランチャード
    ダイヤモンド社
    2004-07-30

     

    良書。なのだが、これを初めて読んだときは前作の「SEを極める」に比べるとやや物足りなく感じた。

    実践編とある通り、SEはどう行動すべきか?に重点が置いて書かれているので、まだまだ駆け出しで担当する案件も小規模なものが多かった当時の私にはピンとこない点が多かったのだろうと思う。

    ただ、 前作「SEを極める」と違って新版が出てない。
    技術的な話ではなく「どう行動すべきか?」といった話がメインなので今読んでも十分役に立つ。
    ただ、一般ウケはしなかったのだろうなと思う。
     
    SEとしてシステム開発で飯を食っていくなら読んで置いて損は無い一冊。

    信頼されるSEの条件
    馬場 史郎
    日経BP社
    2003-03-15

     

    狼人間を撃つ銀の弾はない
    内容的にはこのサブタイトルがすべてを表しています。

    ソフトウェア開発において色んな手法が開発され、その度に『この手法を用いれば正確な(開発予算や期間の)見積りができる』と謳われ期待されたが、結局のところどの手法が適しているかはケースバイケースで、それ1つで全てを解決する「銀の弾」は存在しないのだ、と言うお話。

    銀の弾と言うのは、ヴァンパイアやワーウルフ(狼男)を殺すことが出来るとされている銀製武器(の弾丸)のことで、魔物を倒すための必須アイテムみたいなイメージですね。
    昔だと銀の剣とか銀の十字架とか単に銀の武器かもしれませんが、弾丸と言うのはやっぱり映画とかの影響ですかね?

    閑話休題

    すでに古典とも言える作品ですが、システム開発で飯を食っていくなら読んで置いて損はありません。
     
    「銀の弾」は存在しない、と言う意味では、ソフトウェア開発に限らず全てにおいて言えることですけどね。
    『狼人間を撃つ銀の弾はない』は私の座右の銘でもあります。 

    最初に読んだのは出てすぐの2003年でしたが、数年前に新版が出てましたね。
    読み継がれる本と言うのは名著の証だと思います。


    人月の神話―狼人間を撃つ銀の弾はない (Professional computing series (別巻3))
    Jr.,フレデリック・P. ブルックス
    ピアソンエデュケーション
    2002-11


    私がプロジェクトマネジメントに興味を持つきっかけになった一冊。

    小説仕立てで読みやすくプロジェクト管理の本質を学べる本です。

    ソフトウェア開発だけでなく、小は現場のチーム運営から大は事業単位のプロジェクト運営にも役立ちました。

    デッドライン
    トム デマルコ
    日経BP社
    2013-08-23

     

    このページのトップヘ