門前の小僧の経営学

中小企業経営者・個人事業主の経営学。経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめています。

    経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめているブログです。
    ランチェスターやドラッカーが中心になると思いますが、特にこだわりはありません。

    タグ:教科書

    冒頭で「群盲象をなでる」の故事を持ってくるあたり、さすが!
    と思ってしまわずにはいられない。

    内容も良く、ぐいぐい読み進めてしまう。
    ただ、著者の経歴から仕方ないのかもしれないが、経営と現場業務が分離できてない小規模事業者が読むと遠い世界の話に聞こえてしまうのが惜しいところ。

    中堅規模以上の会社の経営者、あるいはその規模を目指す経営者であれば読んでおいて損はない。
    と言うか読まないと損な一冊。

    経営者には個人的にイチオシしたい一冊。


     

    1問1答形式のため、ブログのネタ帳にはちょうどよいが教科書と言うにはどうか?
    と言う感じ。
    読み物としてはそこそこ面白い。



     

    経営者には戦略的な思考・視点が必要としながらも個々の具体策については精神論で押し切っている感じがして読後の印象に残らない。
    教科書だから?


     

    このページのトップヘ