門前の小僧の経営学

中小企業経営者・個人事業主の経営学。経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめています。

    経営セミナーに参加したりビジネス書を読んだりして「これは!」と思った内容をメモ代わりにまとめているブログです。
    ランチェスターやドラッカーが中心になると思いますが、特にこだわりはありません。

    タグ:SNS

    出版元がちょっとアレだったのでアマゾンのマーケットプレイスで中古本を購入。
    それでも三千円ちょっとしましたが。。。

    内容は、facebook広告の使い方+A/Bテスト&LPO+DRM(作中ではダイレクトマーケティングと表現)と言った感じです。
    この内容(専門書3冊分)が1冊で済むと思えば定価で買ってもコストパフォーマンスは悪くないと思う。

    ただ、A/Bテスト、LPO、DRMと聞いて単語で内容がわかる人は読む必要ないかも知れません。

    ドラッカーより分厚い本ですが、訳者が上手いのかワクワクしながら読め進められました。



     

    SNS活用のポイントは「誠実な下心」だと説くノブ横地さんの著作。

    事例を中心に書かれているので読みやすく判りやすい。

    読み安すぎて重要なポイントをさらっと読み流してしまいそうになるので、自社のビジネスに活かしたいなら注意が必要かも。

    単純に「こんな事例があるんだ!」と読み流すだけでも十分楽しめる内容になっている。

    流行に釣られてツイッターやフェイスブックを始めたけどイマイチ成果が見えない、何をやったら良いのか判らない、と言う個人事業主・中小企業経営者にオススメの一冊。


    ソーシャルメディアの流儀
    ノブ横地
    ブランポート出版局
    2013-04-05

     

    このページのトップヘ